Vagrant CentOS 7.3 で php7 + mariadb + nginx + WordPress を試してみる

Vagrant CentOS 7.3 で php7 + mariadb + nginx + WordPress を試してみる


以下の構成で確認した

Windows
VirtualBox
Vagrant
CentOS 7.3
MariaDB 10.2
nginx 1.12

git bash で 

$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater

$ mkdir prjx
$ cd prjx
$ vi Vagrantfile
----------------
config.vm.box = "boxcutter/centos73"

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.hostname = "prjx.dev"
#config.hostsupdater.aliases = ["prjx-phpmyadmin.dev"]
----------------
$ vagrant up

ログイン(またはteraterm等で)
$ vagrant ssh

ここから Linux 内での作業

MariaDB 10.2 のインストール

MariaDB関連のライブラリが既に入っているのでアンインストール
$ sudo yum remove mariadb*

リポジトリを追加
$ sudo vim /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
----------------
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.2/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1
----------------

インストール
$ sudo yum install mariadb-server php-mysql

バージョン確認
$ mysqld --version

ステータス確認
$ systemctl status mariadb.service

起動
$ sudo systemctl start mariadb.service

停止
$ sudo systemctl stop mariadb.service

自動起動設定
$ sudo systemctl enable mariadb.service

rootユーザでログイン確認
$ mysql -uroot -p

初期設定
$ mysql_secure_installation
Enter password:               # パスワードは空なのでリターン
Set root password? [Y/n] Y    # 新パスワードを2回入力
Remove anonymous users? [Y/n] Y
Disallow root login remotely? [Y/n] Y
Remove test database and access to it? [Y/n] Y
Reload privilege tables now? [Y/n] Y

ログイン確認
$ mysql -uroot -p
Enter password: 新パスワードを入力

ログインしたらutf8mb4でデータベース作成する
mysql> CREATE DATABASE prjxdb DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4;
mysql> CREATE USER 'prjxdbuser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'PrjxDbUserPass1!';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON prjxdb.* TO 'prjxdbuser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'PrjxDbUserPass1!';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit


php 7.1 のインストール

$ sudo yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
$ sudo yum install yum-utils
$ sudo yum-config-manager --enable remi-php71
$ sudo yum install php
$ php -v
PHP 7.1.7 (cli) (built: Jul  6 2017 13:31:15) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies



nginxインストール

リポジトリ登録
$ sudo rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/7/noarch/RPMS/nginx-release-centos-7-0.el7.ngx.noarch.rpm
インストール
$ sudo yum install nginx
バージョン
$ nginx -v
起動テスト
$ sudo nginx -t
ステータス確認
$ sudo systemctl status nginx
起動
$ sudo systemctl start nginx
ステータス確認
$ sudo systemctl status nginx
自動起動設定
$ sudo systemctl enable nginx

ブラウザからアクセスしnginxのデフォルトページが表示されることを確認する
http://prjx.dev/



Wordpress本体のインストール

$ cd /var/www
$ sudo wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ sudo tar zxfv latest-ja.tar.gz
$ sudo rm -rf latest-ja.tar.gz
$ sudo chown -R nginx:nginx wordpress
$ sudo mv wordpress prjx


設定

$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/prjx.conf
----------------
server {
    listen       80;
    server_name  prjx.dev;
    root         /var/www/prjx;
    index        index.php;

    location ~* /wp-config.php {
        deny all;
    }

    location ~ \.php$ {
        root           /var/www/prjx;
        fastcgi_pass   unix:/var/run/php-fpm.sock;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

}
----------------

Wordpressの設定ファイルを適宜編集

$ sudo mv /var/www/prjx/wp-config.php /var/www/prjx/wp-config-sample.php
$ sudo vim /var/www/prjx/wp-config.php
----------------
define('DB_NAME', 'prjxdb');
define('DB_USER', 'prjxdbuser');
define('DB_PASSWORD', 'PrjxDbUserPass1!');
define('DB_HOST', 'localhost');
define('DB_CHARSET', 'utf8mb4');
----------------

php-fpmの設定

$ sudo yum install php-fpm
$ sudo vi /etc/php-fpm.d/www.conf
----------------
user = nginx
group = nginx
listen = /var/run/php-fpm.sock
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0666
----------------

ステータス
$ sudo systemctl status php-fpm
起動
$ sudo systemctl start php-fpm
ステータス
$ sudo systemctl status php-fpm
自動起動
$ sudo systemctl enable php-fpm
phpinfo確認
$ sudo vi /var/www/prjx/phpinfo_test.php
----------------

VagrantでMattermostを試してみる

VagrantでMattermostを試してみる

環境は以下で確認した
Windows10
VirtualBox
vagrant
CentOS 7.2
Mysql 5.7
nginx 1.10

コマンドプロンプトにて
$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater
$ vi Vagrantfile
—————-
config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”
config.vm.hostname = “yourdomain.dev”
—————-
$ vagrant up

Mattermostのインストール

まずMySQL5.7のインストール

mysqlと競合するmariadb関連のライブラリが既に入っているのでアンインストール
$ sudo yum remove mariadb*

mysqlディレクトリの存在確認
$ sudo ls -la /var/lib/mysql/
もしあれば
$ sudo rm -rf /var/lib/mysql/

yumコマンドでインストール
リポジトリを追加
$ sudo yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

インストール
$ sudo yum install mysql-community-server

バージョン確認
$ mysqld –version

ステータス確認
$ systemctl status mysqld.service

起動
$ sudo systemctl start mysqld.service

停止
$ sudo systemctl stop mysqld.service

自動起動設定
$ sudo systemctl enable mysqld.service

mysql起動後にログを確認
$ cat /var/log/mysqld.log | grep ‘password is generated’
2015-10-25T08:42:09.501502Z 1 [Note] A temporary password is generated for root@localhost: <初期パスワード>

rootユーザでログイン
$ mysql -uroot -p
Enter password: <初期パスワード>

MySQLmysql 5.7のセキュリティ設定
$ mysql_secure_installation
Enter password for user root:
New password: DbPass1! # ←仮の新rootパスです
Re-enter new password:

・匿名ユーザーアカウントを削除 Y
・ローカルホスト以外からアクセス可能な root アカウントを削除 Y
・test データベースの削除 Y
・即反映するか Y

ログイン確認
$ mysql -uroot -p
Enter password: 仮の新rootパス
⇒ログインできること

ログインしたらutf8でデータベース作成する
mysql> CREATE DATABASE mmdb DEFAULT CHARACTER SET utf8;
mysql> CREATE USER ‘mmdbuser’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘MmDbUserPass1!’; # ←仮のmmuserパスです
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON mmdb.* TO ‘mmdbuser’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘MmDbUserPass1!’;
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit

Mattermost本体のインストール

最新版のバージョンとURLを確認

Downloads

ダウンロード
$ wget https://releases.mattermost.com/3.10.0/mattermost-3.10.0-linux-amd64.tar.gz

ダウンロードしたパッケージを展開すると「mattermost」というディレクトリが作成されるので、これを適当なディレクトリに移動する。今回は/opt/ディレクトリ以下に移動した。

展開
$ tar xvzf mattermost-3.10.0-linux-amd64.tar.gz

移動
$ sudo mv mattermost /opt/

データ保存先ディレクトリ
$ sudo mkdir /opt/mattermost/data

設定ファイルを適宜編集
$ vi /opt/mattermost/config/config.json
“DataSource”: “mmuser:mostest@tcp(dockerhost:3306)/mattermost_test?charset=utf8mb4,utf8&readTimeout=30s&writeTimeout=30s”,

“DataSource”: “mmdbuser:MmDbUserPass1!@tcp(localhost:3306)/mmdb?charset=utf8mb4,utf8&readTimeout=30s&writeTimeout=30s”,

Mattermostアプリを実行用のmattermostユーザを作成
$ sudo useradd -r mattermost -U

ファイル/ディレクトリのパーミッションを変更
$ sudo chown -R mattermost:mattermost /opt/mattermost

SystemdでMattermostサービスを管理するための設定ファイルを用意する
$ sudo vi /etc/systemd/system/mattermost.service
————————————————-
[Unit]
After=network-online.target
Description=mattermost server
Requires=network-online.target rsyslog.service mysqld.service

[Service]
WorkingDirectory=/opt/mattermost/bin
User=mattermost
ExecStart=/opt/mattermost/bin/platform
PIDFile=/var/spool/mattermost/pid/master.pid
StandardOutput=syslog
StandardError=syslog
SyslogIdentifier=mattermost

[Install]
WantedBy=multi-user.target
————————————————-

systemctl設定の反映
$ sudo systemctl daemon-reload

サービスの実行
$ sudo systemctl start mattermost

サービスが稼動しているかどうかも確認
$ sudo systemctl status mattermost

ブラウザで動作確認
http://yourdomain.dev:8065/

ブラウザの80番ポートでアクセスできるようにする。
ここではnginxを利用する

nginxをインストールする
$ sudo yum install nginx

configファイルに設定を追加し、mattermostの8065ポートをReverseProxyにする設定を入れます。
$ vi /etc/nginx/conf.d/nginx.conf
server {
listen 80;
server_name yourdomain.dev;

location / {
client_max_body_size 50M;
proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
proxy_set_header Connection “upgrade”;
proxy_set_header Host $http_host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
proxy_set_header X-Frame-Options SAMEORIGIN;
proxy_pass http://127.0.0.1:8065;
}
}

nginxを起動
$ sudo systemctl start nginx
$ systemctl status nginx

ブラウザで動作確認
http://yourdomain.dev:80/

日本語全文検索をしたい

世知辛いと投稿しておく
コメントで辛いを検索
⇒Oh! Hitしない…

my.cnfに追記
$ sudo vi /etc/my.cnf
———————————–
[mysql]
default-character-set = utf8mb4

[mysqld]
# setting for utf8mb4
character-set-server = utf8mb4
innodb_large_prefix = ON
innodb_file_format = Barracuda
innodb_file_format_max = Barracuda
———————————–

スキーマをダンプ
$ mysqldump -d mmdb -u mmdbuser -p > ddl.sql
$ grep “FULLTEXT” ddl.sql
FULLTEXT KEY `idx_channels_txt` (`Name`,`DisplayName`)
FULLTEXT KEY `idx_posts_message_txt` (`Message`),
FULLTEXT KEY `idx_posts_hashtags_txt` (`Hashtags`)
FULLTEXT KEY `idx_users_all_txt` (`Username`,`FirstName`,`LastName`,`Nickname`,`Email`),
FULLTEXT KEY `idx_users_all_no_full_name_txt` (`Username`,`Nickname`,`Email`),
FULLTEXT KEY `idx_users_names_txt` (`Username`,`FirstName`,`LastName`,`Nickname`),
FULLTEXT KEY `idx_users_names_no_full_name_txt` (`Username`,`Nickname`)

⇒とりあえずPostsテーブルのMessageカラムだけは対処する

$ mysql -u mmdbuser -p mmdb

Postsテーブルのidx_posts_message_txtインデックスを削除
mysql> ALTER TABLE Posts DROP INDEX idx_posts_message_txt;

Ngramでインデックスを貼る
mysql> ALTER TABLE Posts ADD FULLTEXT INDEX idx_posts_message_txt (`Message`) WITH PARSER ngram COMMENT ‘ngram index’;

コメントで世知辛いを検索
⇒Hitした。OK

Ngramすげーと思ってたら、Mroonga のほうが速いらしい。。

参考
http://knowledge.sakura.ad.jp/knowledge/5933/
http://qiita.com/shadowhat/items/c29a6d0362a2742425ba
http://qiita.com/terukizm/items/b477943b63c66ab7d454

vagrantでの開発環境構築手順書

開発環境構築手順書 php7.1

想定する環境

* ローカル開発環境は Windows
* 本番サーバは Amazon Linux であるが、ひとまず Vagrant VMサーバは Centos 7系 とする

ミドルウェア構成

* httpd 2.4
* php 7.1
* mysql 5.7

前提としてインストールする開発アプリケーション

インストール

* Virtualbox
** https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
* Vagrant
** https://www.vagrantup.com/downloads.html
*** コマンドプロンプトにて

$ vagrant -v
Vagrant 1.9.3

* Git for Windows(コマンドプロンプトでgitコマンドを使えるようになる)
** https://git-for-windows.github.io/

Windows上のコマンドプロンプトから操作

* Vagrant で起動させる Vagrant box(今回はCentos7.2を選択)
** http://www.vagrantbox.es/ にたくさんアップされているので、今回は
*** https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box をダウンロード

Vagrant VMインストール

* ここからしばらく Git Bash を使って作業する
** [スタート]->[すべてのプログラム]->[Git]->[Git Bash]

# 任意の場所にディレクトリを作成する

$ mkdir vagrants
$ cd vagrants
$ mkdir xxxxx
$ cd xxxxx

** *注意*
*** 「任意の場所」->Windows上の任意の場所
# BOX追加

$ vagrant box add –insecure centos72 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box

# 初期化

$ vagrant init centos72

# ローカルでの自動ホスト名書き換えのためのプラグインをインストール

$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater

# 設定ファイルを適宜修正

$ cd /【任意のパス】/vagrants/xxxxx
$ vi Vagrantfile

# teraterm等からVMにアクセスしたいのでネットワーク項目のコメントアウトを外す
(※IPアドレスは各自適当に読み替えて下さい)

# config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”
config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”
# ローカルでのホスト名を追記(これを書いておくと勝手にvagrant-hostsupdaterがC:\windows\system32\drivers\etc\hostsファイルを書き換えてくれる)
config.vm.hostname = “xxxxx.dev”
config.hostsupdater.aliases = [“xxxxx-phpmyadmin.dev”,”xxxxx-phpredisadmin.dev”]

# VM起動

$ vagrant up

** 起動しない場合
### [コントロール パネル]->[ネットワークとインターネット]->[ネットワーク接続]->[VirtualBox Host-Only Network]
### [VirtualBox Host-Only Network]ダブルクリック->[詳細]->[IPv4アドレス]
### [IPv4アドレス]が「192.168.33.xx」以外の場合、「vi Vagrantfile」で該当箇所を変更

死活確認
$ vagrant status
$ vagrant halt

# Teratermなどで vagrant VM にログインできることを確認

HOST: xxxxx.dev
ID: vagrant
PW: vagrant

** BOX追加

$ vagrant box add –insecure 持ってきたbox名_YYYYmmdd_HHii /【boxを配布したパス】/持ってきたbox名.box

*** 持ってきたbox名_YYYYmmdd_HHii
**** 変更したほうが無難
** 下記を削除または、リネーム

$ cd /【任意のパス】/vagrants/xxxxx

*** Vagrantfile
# 初期化

$ vagrant init 持ってきたbox名_YYYYmmdd_HHii

# 「ローカルでの自動ホスト名書き換えのためのプラグインをインストール」以降は同様の操作で起動できる(はず)
# おまけ
** VMそのものはこの辺にいる

C:\Users\【username】\.vagrant.d\boxes\

CentOS 初期設定

ココからLinux内での作業

* 時刻設定

$ date
Fri 13 Jan 05:39:45 GMT 2017
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
$ date
Fri 13 Jan 14:39:54 JST 2017

* 開発に必要なものをインストール(他、各自必要なものを適宜)

$ sudo yum remove puppet* # ←yum update 中にこいつのせいでコケるのでアンインストールしてしまう
$ sudo yum update
$ sudo yum install git subversion libyaml-devel

* “locateコマンドのインストール”:http://centos.bungu-do.jp/archives/64

$ sudo yum install mlocate
$ locate main.cf
locate: can not stat () `/var/lib/mlocate/mlocate.db’: No such file or directory
$ sudo updatedb

* ファイル内文字列高速検索コマンド

$ sudo yum groupinstall “Development Tools”
$ cd ~/
$ git clone https://github.com/tkengo/highway.git
$ cd highway
$ ./tools/build.sh
hwコマンドを/usr/bin/に配置
$ sudo mv hw /usr/bin/
場所確認
$ which hw
/usr/bin/hw

php7.1 および httpd のインストール

* remiリポジトリの追加

remiリポジトリの公開鍵を取り込む

$ sudo rpm –import https://rpms.remirepo.net/RPM-GPG-KEY-remi

yum-config-manager コマンドのインストールと remiリポジトリの追加

$ sudo yum install yum-utils https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

remi-php56 リポジトリを有効化

$ sudo yum-config-manager –enable remi-php56

* php をインストール(必要そうなライブラリも)

$ sudo yum install –enablerepo=remi,remi-php56 php php-mysql php-intl php-mbstring php-xml php-pear php-pecl-yaml phpMyAdmin redis

* httpdを再起動する

$ service httpd status
$ sudo service httpd start

* バージョン確認

$ httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built: Nov 14 2016 18:04:44

$ php -v

* ブラウザで Vagrant VM にアクセスしてみる
** http://xxxxx.dev
*** ⇒ Apacheのデフォルト画面が表示されること

* httpdの自動起動を設定

$ sudo systemctl enable httpd.service

mysql のインストール

# CentOS に mysqlと競合するmariadb関連のライブラリが既に入っているのでアンインストール

$ sudo yum remove mariadb*
mysqlディレクトリの存在確認
$ sudo ls -la /var/lib/mysql/
もしあれば
$ sudo rm -rf /var/lib/mysql/

# yumコマンドでインストール(5.7は5.6より3倍速い)

## リポジトリを追加

$ sudo yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

## インストール

$ sudo yum install mysql-community-server

* バージョン確認

$ mysqld –version

* ステータス確認

$ systemctl status mysqld.service

* 起動

$ sudo systemctl start mysqld.service

* 停止する場合

$ sudo systemctl stop mysqld.service

* 自動起動設定

$ sudo systemctl enable mysqld.service

** 再度teratermでログインしhttpdとmysqldが起動していることを確認する。
* rootユーザでログインできるか確認。初期パスワードはインストールログから拾います。
** “MySQL5.7.6以降での初期パスワード確認方法”:http://www.hack-log.net/entry/2015/10/26/100000

mysql起動後にログを確認

$ cat /var/log/mysqld.log | grep ‘password is generated’
2015-10-25T08:42:09.501502Z 1 [Note] A temporary password is generated for root@localhost: ************

* rootユーザでログイン

$ mysql -uroot -p
Enter password: ************

* MySQLmysql 5.7のセキュリティ設定

$ mysql_secure_installation
Enter password for user root:
New password: rootの新パスワード 657$hD489Fjk6 # ←本番DBでは作り直して下さい。
Re-enter new password:
・匿名ユーザーアカウントを削除 Y
・ローカルホスト以外からアクセス可能な root アカウントを削除 Y
・test データベースの削除 Y
・即反映するか Y

* ログイン確認

$ mysql -uroot -p
Enter password: 新パスワード

⇒ログインできること

* ログインしたらデータベース作成する。utf8で。

mysql> CREATE DATABASE xxxxxdb DEFAULT CHARACTER SET utf8;
ユーザー作成します。mysql5.7だとパスワード複雑化する必要あり
mysql> CREATE USER xxxxxdbuser IDENTIFIED BY ‘xxxxxDbPass1!’; # 英数記号入り
作成したxxxxxdbuserにxxxxxdbに対しての全権限付与
mysql> GRANT all ON xxxxxdb.* TO xxxxxdbuser;
mysql> exit

* データをリストアする

$ zcat /home/vagrant/xxxxxdb__20170407.sql.gz | mysql -uroot -p xxxxxdb –default-character-set=binary
Enter password:

* 追加でもう1テーブルのスキーマを投入

$ cat /home/vagrant/xxxxxdb__s_random__20170407.sql | mysql -uroot -p xxxxxdb
Enter password:

* 再度ログインテスト

$ mysql -uroot -p xxxxxdb
Enter password:

* yum

$ sudo yum -y install git

* version

$ git –version

xxxxx が動作するまで

vhosts.confを用意

* コマンド

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/vhosts.conf

* 内容
** フロントエンド

# xxxxx.dev

ServerName xxxxx.dev
DocumentRoot /var/www/xxxxx.dev/running/htdocs/
CustomLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx.dev/access_log.%Y%m%d 86400 540” combined_DvIOX
ErrorLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx.dev/error_log.%Y%m%d 86400 540”

** phpMyAdmin

# xxxxx-phpmyadmin.dev

ServerName xxxxx-phpmyadmin.dev
DocumentRoot /usr/share/phpMyAdmin/
CustomLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx-phpmyadmin.dev/access_log.%Y%m%d 86400 540” combined_DvIOX
ErrorLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx-phpmyadmin.dev/error_log.%Y%m%d 86400 540”

** phpRedisAdmin

# xxxxx-phpredisadmin.dev

ServerName xxxxx-phpredisadmin.dev
DocumentRoot /var/www/phpRedisAdmin/
CustomLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx-phpredisadmin.dev/access_log.%Y%m%d 86400 540” combined_DvIOX
ErrorLog “| /usr/sbin/rotatelogs /var/log/httpd/xxxxx-phpredisadmin.dev/error_log.%Y%m%d 86400 540”

httpd.confを用意(vagrantローカルのみ)

* httpd.conf再起動

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
#User apache
#Group apache
User vagrant
Group vagrant

* confを書き換えたらhttpd再起動

$ sudo systemctl restart httpd.service

* /var/lib/php/session/ のオーナ権限を修正

$ sudo chgrp vagrant /var/lib/php/session/
$ sudo chown vagrant:vagrant /var/lib/php/session/*

Redisの起動およびphpRedisAdminの導入

* 上記手順中にyum installで既にインストール済みなので

$ cd ~
$ git clone https://github.com/ErikDubbelboer/phpRedisAdmin.git
$ cd phpRedisAdmin
$ git clone https://github.com/nrk/predis.git vendor
$ cp includes/config.sample.inc.php includes/config.inc.php
$ cd ~
$ sudo chown -R apache: ~/phpRedisAdmin
$ sudo mv ~/phpRedisAdmin /var/www
ステータス確認
$ systemctl status redis.service
起動
$ sudo systemctl start redis.service
停止の場合
$ sudo systemctl stop redis.service
自動起動設定
$ sudo systemctl enable redis.service
バージョン確認
$ redis-server -v
Redis server v=3.2.8 sha=00000000:0 malloc=jemalloc-3.6.0 bits=64 build=dd923e72e9efa6d8
バージョン確認
$ redis-cli -v
redis-cli 3.2.8

* ブラウザで確認する場合
** http://xxxxx-phpredisadmin.dev/

centos 7.2 に capistrano をインストールしてみる

centos 7.2 に capistrano をインストールしてみる

デプロイ実行側: 192.168.33.10
web1: 192.168.33.11
web2: 192.168.33.12

ruby をバージョン指定してインストールする

rubyenv のインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ sudo ./install.sh
$ rbenv -v

ruby のインストール

$ sudo yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel
$ rbenv install -l
$ rbenv install 2.4.0
$ rbenv rehash
$ rbenv global 2.4.0
$ ruby -v
$ gem -v

capistranoをインストール

$ gem install capistrano
$ cap --version

cap作業ディレクトリを作って設定ファイルを用意
cap一式がインストールされる

$ mkdir captest
$ cd captest
$ cap install

基本的に修正するのは2ファイル
全体的な設定 ⇒ config/deploy.rb
環境個別の設定 ⇒ config/deploy/development.rb

個別設定ファイルを修正

$ vi config/deploy/development.rb
----
lock "3.7.1"
set :repo_url, 'http://user_name:password@gitlab_host_name/repo_user/repo_name.git'
----

個別の設定ファイルをconfig/deploy/配下に、production.rbとstaging.rbは用意されているのが、、development.rbも用意

$ vi config/deploy/development.rb
----
# デプロイ先のサーバ情報を列挙する
role :web, %w{vagrant@192.168.33.11, vagrant@192.168.33.12}

# デプロイするディレクトリの場所
set :deploy_to, '/tmp/captest'

# サーバー毎の設定
server '192.168.33.11', user: 'vagrant', roles: %w{web}, ssh_options: {
    keys: %w(~/.ssh/id_rsa),
    password: 'vagrant',
}

# サーバー毎の設定
server '192.168.33.12', user: 'vagrant', roles: %w{web}, ssh_options: {
    keys: %w(~/.ssh/id_rsa),
    password: 'vagrant',
}
----

config/deploy/development.rb に書かれた内容を実行する

$ cap development deploy

Vagrant で CentOS 7.2 に GitLab をインストールしてみる

GitLab インストール

$ sudo yum install curl policycoreutils openssh-server openssh-clients
$ curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash
$ sudo yum install gitlab-ce
$ sudo gitlab-ctl reconfigure    # ←かなり時間がかかる。Vagrant VM のCPUメモリを増やすと時間を短縮できる。

ブラウザで、http://192.168.33.10/ にアクセスする。

GitLabのトップ画面が出れば成功

最低限、管理者Administratorユーザのパスワードを設定します。

参考
https://about.gitlab.com/downloads/#centos7
ありがとうございます

vagrantのBoxを追加

$ vagrant box add new_test_box appname_YYYYMMDD.box
$ vagrant init new_test_box
$ vi Vagrantfile
$ vagrant up

default: Warning: Authentication failure. Retrying...
default: Warning: Authentication failure. Retrying...
default: Warning: Authentication failure. Retrying...

$ vagrant ssh-config
$ ssh-keygen -yf C:/Users/<ユーザー名>/.vagrant.d/insecure_private_key > public_key
$ cat public_key # ←ここの内容を
$ vagrant ssh
[vagrant@localhost ~]$ vi ~/.ssh/authorized_keys # ←ここで書き換える
[vagrant@localhost ~]$ exit
$ vagrant reload

参考
http://qiita.com/d2cdot-mmori/items/1c340f175ae510e4456a
感謝

Cakephp3本番環境ではエラー表示をさせたくない

前回まで

Cakephp3を使っていると、本番環境ではCakephpテンプレートエラーを出したくない場合もある。

いろんな方法があるが、ここでは Configure::read(‘debug’) の値をif判定する。
※本番環境: 0 開発環境: 1

URLの打ち間違いの40x系ページと、phpエラー等の50x系のページに判定分を追加する

$ vi Template/Error/error400.ctp
$ vi Template/Error/error500.ctp
-$this->layout = 'error';
+// 本番環境ではエラーは表示しない
+if (Configure::read('debug') === 0) {
+    $this->layout = 'error_prod';
+} else {
+    $this->layout = 'error';
+}

本番用レイアウトページを複製して修正

$ cp Template/Layout/error.ctp Template/Layout/error_prod.ctp
$ vi Template/Layout/error_prod.ctp // 適宜修正

cakephp3でデプロイ環境先毎にDB接続先を切り替えたい場合

cakephp3でデプロイ環境先毎にDB接続先を切り替えたい場合

環境毎にWebサーバに記述して再起動しておく
apache の場合

$ vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
SetEnv CAKEPHP_ENV app_prod
#SetEnv CAKEPHP_ENV app_stg
#SetEnv CAKEPHP_ENV app_dev

nginxの場合

#fastcgi_param EXTRA_PARAMETER app_prod;
#fastcgi_param EXTRA_PARAMETER app_stg;
fastcgi_param EXTRA_PARAMETER app_dev;

bootstrapファイルを編集する

$ vi config/bootstrap.php
try {
    Configure::config('default', new PhpConfig());
    //Configure::load('app', 'default', false);
    switch (env('CAKEPHP_ENV')) {
        case 'prod':
            Configure::load('env/app_prod', 'default', false);
            break;
        case 'stg':
            Configure::load('env/app_srg', 'default', false);
            break;
        case 'dev':
            Configure::load('env/app_dev', 'default', false);
            break;
        default:
            Configure::load('app', 'default', false); // local
    }
} catch (\Exception $e) {
    exit($e->getMessage() . "\n");
}

設定ファイルをapp.phpからコピーする

$ mkdir config/env
$ cp config/app.php config/env/app_prod.php
$ cp config/app.php config/env/app_stg.php
$ cp config/app.php config/env/app_dev.php

接続先等を適宜編集する

$ vi config/env/app_prod.php
$ vi config/env/app_stg.php
$ vi config/env/app_dev.php

参考
http://easyramble.com/switch-environment-with-cakephp.html
http://easyramble.com/switch-cakephp-env.html
ありがとうございました